車の走行中に焦げ臭い臭いがした場合にはすぐに停車して、車を動かさないようにすることが大切です。
赤ちゃん09
原因としてはオイル交換の際のオイルがこぼれて付着してしまい、そこから火災の原因になってしまったり、部品の劣化なんかが原因だったりするので、無闇に自分で対処しようとせずにJAFなんかに依頼することがとても大切です。

自分で対処しようとして、さらに悪化してしまった場合には修理代が高くなってしまったり、悪いときには車が燃えてしまったりするので、とにかく無理な対処はしないで、車内に残っていると、もしかしたら車が爆発して、そのまま炎上して、逃げ遅れてしまったなんてことがあったりしたら災害は大きくなってしまいます。

すこしでも被害を最小限にするためには、異常に気がついた場合にはすぐに路肩などにとめてJAFなんかに連絡をして、未然に防ぐことがとても大切です。

対処をしないと火災なんかの原因になってしまうし、不具合の原因などが分かるようになります。しっかりと自分の愛車のために、火災が起こったりしないようにすることがとても大切です。

突然車がおかしくなってしまうという場合がありますが、素人が手を出すと危険だったりするので、JAFや保険会社に頼むことが被害は最小限におさえられます。