放火が原因の場合

| 未分類 |

車両火災の原因として多くあげられているのが、放火です。怖い話ではありますが意外と件数的には多いのが現状です。いろいろなことが原因で火災は発生しているという現状はある中で不審火が原因というのはとても悲しいことであり憤りを感じることではありますが実際のところ多いのです。

特に深夜から早朝にかけて発生しているケースがとても多いのが特徴ですので、そういった背景を考えても、この時間帯の予防と対策が望まれます。駐車場でおきているだけでなく一軒家のガレージでも起きているのが現状です。周辺に燃えやすいものがあれば、不審火につながる恐れもありますので、できるだけ周辺には燃えやすいものは置いておかないようにしなければいけません。

駐車、停車中の不審火が圧倒的に多いのが特徴ですが、車だけでなく原付への不審火もよくあるのが特徴ですので十分に注意しなければいけません。車両付近に燃えやすいものを置いておかないこと、人通りが少ないところや人気がないところに駐車する場合はライトを取り付けるなどして対処する必要があるでしょう。こうした対処をすることによって未然に防ぐことができるのです。未然に防げれば不審火が原因による火災というのは件数は減らせます。