排気管・車両関係について

| 未分類 |

車は現代社会において日常生活に欠かせない物として多くの人々に利用されています。
しかし、メンテナンスの不備によって、思わぬ事故や車両火災が起こることがあります。
車両火災の出火原因の中で多いのが、排気管・車両関係のトラブルであり、エンジンからの排気を集約して効率的に排気を行なうエキゾーストマニホールドやメインマフラーなどの排気管に気化したオイルがかかって発火したり、ブレーキの摩擦熱によって熱を持って出火したりします。

これらのトラブルを避ける為には、日頃から定期的な車のメンテナンスを専門業者に依頼して実施するのが有効な手段です。

エンジンは冷却水を使った冷却を行なうことで発熱を抑えることが出来ますが、排気管は整備不良によって不完全燃焼が起こり、触媒が加熱しやすいので、排気管が経年劣化している場合にはパーツの交換を行なうことが大切です。

サイドブレーキをかけたまま、車の運転を行なうと常に摩擦を生じた状態で走行を行なうことになるので、摩擦熱による火災が起こり易くなるので、走行時に注意しておくべき箇所です。
タイヤに関しても十分な空気圧を確保しておかないと、タイヤから出火することがあるので注意が必要です。