車両火災はとても怖いことですがいろいろな原因があります。主な原因としては、放火、金属と金属の衝撃によって火花が飛ぶ、排気管や車両に問題があった、ライターやたばこなどが問題視されていますし、内炎機関に問題があることもあります。電気関係が壊れていて火災になることもあります。
赤ちゃん13
放火の場合は燃焼促進物による放火が多く、金属と金属の衝撃花火はゴミ収集車によって殺虫剤やカセットボンベが捨てられていた場合におきることがあります。排気管や車両関係としてはエキゾーストマニホールド、メインマフラー、ブレーキ系統に問題がある場合に起きますし、ライターやたばこはシートや内装に問題があることがあります。内炎機関としては燃料やオイルが漏れている可能性もありますし、電気関係としてはモーター系やバッテリー、配線関係にトラブルがあり、それがきかっけで炎上することがあります。

いずれにしても特別なことではなく、放火以外は自分の車でもありえることですので、日々のメンテナンスを十分に行っておく必要があるといえるでしょう。日々のメンテナンスがきちんとできていれば未然に防ぐことができることであり、原因を未然に防ぐことができることになります。